男子の気持ちを知り、他の女性の気持ちを知ることで、流行のようなものが分かります。それだけではなく、ひとつでも、面白いニュースや話題にを持てば、トークにことかかないでしょう。残るは、ランジェリーの力です。セクシーランジェリーの力を借りましょう。女性ホルモンを放出し、貴女をモテモテの女性へといざないます。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年05月26日 (土) | 編集 |
次長課長・河本準一の母親が、生活保護を“不正受給”していた
のではないかという疑惑が波紋を広げ続けている。

名前を伏せて報道した女性誌の記事を皮きりに、
日刊サイゾーが河本の実名を暴露するとネット上で大きな話題になり、
自民党の片山さつき、世耕弘成両参院議員が
徹底追及の構えを見せるほどの騒動になっている。

今日の11時に会見した。

会見の中で、

母親が受給していたことを認め
「考えが甘かった」と涙ながらに謝罪した。

今回の騒動について初めて口を開いた河本は、
自身の認識の甘さを猛省する一方、
不安定な収入のお笑い芸人の複雑な葛藤を明かした。

14、5年前に母親が受給を開始したと明かした河本は
「自分が芸人として仕事がない時期に、
 母親が一人でスーパーで働いていて、
 病気を患い、ドクターストップになり、
 生活保護受給を母親が決めた。
 その時の僕の年収は100万を切ってて、
 母親の面倒を見ることができなかった」
と経緯を説明。

その後、東京進出を果たし、
のちに河本が全国のテレビ番組に出演してブレイクした
5、6年前に福祉から「援助ができませんか」と依頼があり、
家族と相談の上で援助を開始。
今年1月には援助の増額依頼も受諾したという。

受給問題が明るみになったことで、
母親が今年4月に受給打ち切りを申し出たという。
河本は、不正受給は否定しつつも
「ずっと正しいと思ってた。自分の認識の甘さがあった。
 情けなくて、恥ずかしい気持ち。早く抜けさせないと、とは思っていた」
と目を真っ赤にしながら深々と頭を下げた。

その一方で河本は
「来年の仕事の保障もないし、長期間休まないといけない時期
 (2010年に急性すい炎で2ヶ月休養など)もあって、
 その間は家族に負担になるし、
 正直パニックになったこともあったことも事実でした」
と吐露。
かつては年収が100万円にも満たない時期が数年あったことも経験し、
将来に対して安定感や安心感が欠如している心境も明かした。


日本の役人の仕事ぶりを覗いたような気がするわ。
生活保護って貰うんは大変って聞くけど、
いったん受給開始になればもらいほうだいみたい、これを読むと。
真似する人がいそう。


そういう目で見れば河本さんの罪って大きいのも。
どうなる?!河本さん。



今日のランジェリー
ワイヤー入りホワイトレースベビードール&Tバックセット


関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
次長課長・河本準一の母親が、生活保護を“不正受給”していたのではないかという疑惑が波紋を広げ続けている。名前を伏せて報道した女性誌の記事を皮きりに、日刊サイゾーが河本の...
2012/05/27(日) 13:49:33 | まとめwoネタ速neo
次長課長・河本準一の母親が、生活保護を“不正受給”していたのではないかという疑惑が波紋を広げ続けて
2012/11/25(日) 08:38:08 | まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。