男子の気持ちを知り、他の女性の気持ちを知ることで、流行のようなものが分かります。それだけではなく、ひとつでも、面白いニュースや話題にを持てば、トークにことかかないでしょう。残るは、ランジェリーの力です。セクシーランジェリーの力を借りましょう。女性ホルモンを放出し、貴女をモテモテの女性へといざないます。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年05月11日 (金) | 編集 |
「週刊実話」が驚愕の詳細を報じている。

『子役ブーム禁断の園 美人母セックス奉仕 芸能界枕営業』
美人ママたちの枕営業は当たり前?!


記事によると、3月中旬に某テレビ局のフロントに
40代後半の男が、、、「プロデューサーに会わせろ」と
怒鳴りこんできたという。

男はプロデューサーに妻を寝取られたと主張し、
不倫の証拠となるセックステープを提示。
さらに「ドラマに娘を子役として出してやると
言って妻が関係を迫られた。
しかも、共演者やスタッフを納得させるために
金が要ると言われ、現金を騙し取られた」と言い出した。

局の調査の結果、現金の授受は確認されなかったが、
不倫の事実は確かにあったという。

芸能界では、キャスティングを勝ち取るために
枕営業をするタレントが少なからず存在するが、
子役業界にまで及んでいたとは驚き。

この事実だけでもあきれるほどだが、
枕営業だけが目的ではない不倫ママもいるという。



という記事が実例を交えて報じています。
枕営業という言葉はちょっとなんですが、
わたしは本当にこういう事実はあると思います。

子役たちの後ろに、大人たちの淫らな情事が
存在しているのかと思うと
「子役は使い捨て」という言葉はあまりにも卑劣です。

愛菜ちゃんたち、子役が好きなのに・・・

ママたちを不倫に狂わせるほどのカネが動く子役業界ですが、
カネに目がくらんだステージママたちがいる限り、
子役狂想曲は今後も続いていくのかもです。



今日のランジェリー
ぎりぎりセクシーホワイトテディ ランジェリー



わたしはちょっとこれはないよなぁ。
下着の役目果たしてないよ、
って思ったんですが、レッスンに使えそうです!
これを付けて街をぐるっと歩いてみましょう。
あなたの中でなにかがかわるかもしれませんよ。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。